月に2回は彼と関係を持っていました

モトハルと出会ったのは職場の同僚の誕生パーティーでした。同僚と言っても彼女は7つも下なので、パーティーに来ているのも若い子ばかりでした。

弾けた子ばかりでちょっと気後れしそうでしたが、メガネにスーツのモトハルだけは大人な雰囲気でした。モトハルも私の7つ年下でしたがすぐに打ち解けました。なぜかというと、お互いに子持ちということで意気投合したのです。でも私はバツイチ、モトハルは結婚していました。指輪をしていたので、すぐに結婚してるのは分かりました。

でも、その日は一緒に帰りましたし、当然のように次のデートに誘われました。結婚しても女の子と二人で遊びに行くのは日常のようでした。ちょうど次の週が私の誕生日だったのですが、職場まで車で迎えに来てくれました。そして、サプライズで夜のディズニーに連れてってくれたのです。寒かったけどとても嬉しくて、普通に手を繋いできました。もうそういうことだな、と私も思ったので帰りに車の中でセックスしました。

モトハルは「やっぱり女は年上がいいよな」と言っていました。私は特別モトハルに夢中になることはありませんでしたが、車で銀座のカレー屋に連れてってくれたり、セックスだけじゃなくてデートみたいなこともしてくれて嬉しかったです。数ヶ月の間、月に2回はホテルや彼の車の中でモトハルに抱かれていました。モトハルは特別カッコ良くもないけど、指が白くて長く、その指で秘部を触られるとゾクゾクしました。

ある時、約束をしていたのに「子どもが熱があるから会えない」とメールが来てそのまま疎遠になりました。熱があるなんて、嘘だろうなとなぜか直感的に思いました。今も時々、モトハルのセックスを思い出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です